▲TOP

いじめは支配型関係嗜癖 亀有メンタルクリニック

当院のご案内
  • トップページ
  • 当院のご案内
  • 診療の内容
  • 受付時間と地図
  • 院内のご紹介
亀有メンタルクリニック 診療ご案内

 いじめについての治療や対処方法をまとめたページです

悪質ないじめ・パワーハラスメントが無くならない理由

いじめの医療診断しています

当サイト「いじめについて」の内容をPDFファイルでダウンロードしていただくことができます

いじめについて PDFファイルダウンロード[846KB]

 

【配布用 チラシ】
こちらのチラシはプリントして配布用としてご利用ください。(クリックするとPDFファイルが開きます)

Adobe pdfいじめは広義の依存症 みんなで止めよう! ダウンロード[265KB]

 

【配布用 チラシ②】
こちらのチラシはプリントして配布用としてご利用ください。(クリックするとPDFファイルが開きます)

Adobe pdf葛飾区内のいじめ関連の医療相談を受け付けます ダウンロード[394KB]

悪質ないじめ・パワーハラスメントが無くならない理由

公立学校で、悪質ないじめ・パワーハラスメント(指導死など)が無くならない5つの理由

1.いじめ・パワーハラスメント・児童虐待・DV(ドメスティックバイオレンス)は、依存症・嗜癖である事が、周知されていない事。

対策;いじめ・パワーハラスメント・児童虐待・DV(ドメスティックバイオレンス)は、加害者の依存症(支配型関係嗜癖)であることを、啓発していく。
「いじめについて - 親が知っておくべきこと」「10-3、パワーハラスメント」のページを貼る。

2.教育者が、責任を取らない事

 

教育委員会が、いじめや「指導死」を隠蔽し続けている現状では、事件は起こり続けます。隠蔽を許さない制度改革が不可欠です。
対策;教育者が責任を取る体制を作る。現行の教育委員会を廃止して、新しい組織を作る。
4つの案が考えられる。

  1. 文部科学省直轄の組織に改変する。任免権、人事権、懲戒権などの総ての権限は、国の管轄とする。
  2. 都道府県直轄の組織に改変する。任免権、人事権、懲戒権などの総ての権限は、都道府県の管轄とする。
  3. 市区町村直轄の組織に改変する。任免権、人事権、懲戒権などの総ての権限は、市区町村の管轄とする。
  4. 総ての権限を地域住民にゆだねるという改革。

「10-0、いじめ問題の責任」のページを貼る。

【高橋昌之のとっておき】無責任体制の根源・教育委員会制度は廃止すべきだ
https://www.sankei.com/smp/politics/news/130320/plt1303200021-s.html

参考文献;教育委員会廃止論、穂坂邦夫、弘文堂2005

 

3.いじめ・パワーハラスメント・児童虐待・DV(ドメスティックバイオレンス)等依存症対策法がない事

対策;いじめ・パワーハラスメント・児童虐待・DV(ドメスティックバイオレンス)等依存症対策法を制定する
「11-1いじめ・パワーハラスメント・児童虐待・DV(ドメスティックバイオレンス)等依存症対策法(案)」のページを貼る。

4. 国家賠償法で、教育委員や公立学校の教職員の個人の賠償を認めていない事。

対策;教育委員や公立学校の教職員を、国家賠償法保護することを止める
公立病院の医師私立学校の先生と同じように教育委員や教職員の個人の賠償を認める
(その他の例;国家賠償法で、除外規定を設けて、いじめ・パワーハラスメント・児童虐待・DV(ドメスティックバイオレンス)等依存症に関連する公務員の不法行為は、公務員の個人の賠償を認める等)

5.いじめ防止対策推進法で、加害者が生徒、児童と限定されていること。

いじめ加害者に、教育者が含まれていない。教育者がいじめやパワーハラスメントを行った場合には、法に触れていないことになっている。
いじめ防止対策推進法でも、いじめ加害者の教育者であっとしても、責任を取らず、罰せられない構造になっている。

小学校に入る以前から、いじめ・パワーハラスメント・児童虐待・DV(ドメスティックバイオレンス)等の依存症の教育をして、社会に出る前に、いじめ・パワーハラスメント・児童虐待・DV(ドメスティックバイオレンス)等の依存症について知っておくことは重要です。教育委員会が、いじめ・パワーハラスメント・児童虐待・DV(ドメスティックバイオレンス)等の依存症者を放置したために、社会にも、いじめ・パワーハラスメント・児童虐待・DV(ドメスティックバイオレンス)等の依存症者が増え続けて、社会的な問題にもなっております。
このまま、教育委員会が、いじめ・パワーハラスメント・児童虐待・DV(ドメスティックバイオレンス)等の依存症者を増やし続けることは、今後も日本社会に悪影響を及ぼすでしょう。
結局、いじめ・パワーハラスメント・児童虐待・DV(ドメスティックバイオレンス)等の依存症加害者の依存症治療をしないと、悪質ないじめ・パワーハラスメント・児童虐待・DV(ドメスティックバイオレンス)は無くなりません。いじめ・パワーハラスメント・児童虐待・DV(ドメスティックバイオレンス)等を継続する加害者には、依存症治療を行うシステムが必要です。

 



| トップページ | 当院のご案内 | 診療内容のご案内 | 受付時間と地図 | 院内のご紹介

Copyright(c) Kameari Mental Clinic All Rights Reserved.
http://www.ka-mental.jp