▲TOP

いじめは支配型関係嗜癖 亀有メンタルクリニック

当院のご案内
  • トップページ
  • 当院のご案内
  • 診療の内容
  • 受付時間と地図
  • 院内のご紹介
亀有メンタルクリニック 診療ご案内

 いじめについての治療や対処方法をまとめたページです

素行障害について

いじめの医療診断しています

当サイト「いじめについて」の内容をPDFファイルでダウンロードしていただくことができます

いじめについて PDFファイルダウンロード[662KB]

 

【配布用 チラシ】
こちらのチラシはプリントして配布用としてご利用ください。(クリックするとPDFファイルが開きます)

Adobe pdfいじめは広義の依存症 みんなで止めよう! ダウンロード[265KB]

 

【配布用 チラシ②】
こちらのチラシはプリントして配布用としてご利用ください。(クリックするとPDFファイルが開きます)

Adobe pdf葛飾区内のいじめ関連の医療相談を受け付けます ダウンロード[394KB]

素行障害について

いじめ加害者と素行障害(行為障害)

いじめ加害者は、支配型関係嗜癖(広義の依存症)ですが、悪化すると素行障害(行為障害)の診断基準を満たすようになります。

素行障害の診断基準で、いじめ加害者に該当しやすい項目は、

(1)しばしば他人をいじめ、脅迫し、威嚇する。
(11)物や好意を得たり、または義務をのがれるためにしばしばうそをつく(すなわち、他人を“だます”)。

これらの行為が続いた後、さらにいじめ行為が悪化すると
(12)被害者と面と向かうことなく、多少価値のある物品を盗んだことがある(例:万引き、ただし破壊や侵入のないもの、偽造)
(9)故意に他人の所有物を破壊したことがある(放火による以外で)。

さらに悪化すると
(3)他人に重大な身体的危害を与えるような武器を使用したことがある(例えばバット、煉瓦、割れた瓶、小刀、銃)。
(4)人に対して身体的に残酷であったことがある。
(5)動物に対して身体的に残酷であったことがある。
(6)被害者に面と向かって行う盗みをしたことがある(例えば、背後から襲う強盗、ひったくり、強奪、武器を使っての強盗)
(7)性行為を強いたことがある。
(10)他人の住居、建造物または車に侵入したことがある。

そのほかの項目に
(2)しばしば取っ組み合いのけんかを始める。
(8)重大な損害を与えるために放火をしたことがある。
(13)13歳未満で始まり、親の禁止にもかかわらず、しばしば夜遅く外出する。
(14)親または親代わりの人の家に住み、一晩中、家を空けたことが少なくとも2回あった(または長期にわたって家に帰らないことが1回)。
(15)13歳未満からはじまり、しばしば学校を怠ける。
この行動の障害が社会的、学業的、または職業的機能に臨床的に著しい障害を引き起こしている。

などの項目があります。素行障害(行為障害)は、他者の基本的人権または年齢相応の主要な社会的規範または規則を侵害することが反復し持続する行動様式で、上記の基準の3つ(またはそれ以上)が過去12か月の間に存在し、基準の少なくとも1つは過去6か月の間に存在したことによって明らかとなります。

 10歳以前に発症を認める小児期発症型は男性に多く、攻撃性が強く、成人後も問題を残し反社会性パーソナリティ障害に発展しやすいと言われています。



ライフスパンにおける素行障害

成人してもなお続く素行障害

小児期に発症した素行障害の結末に関する多くの研究がおこなわれています。長期的研究で、小児期または思春期に発症した素行障害は、その後も続く社会適応、問題行動、学校の落ちこぼれ、職場の不適応と予測することが繰り返し示されています。

Robinsにより30年間にわたって行われたものがあります。その結果は、子どもの反社会的行動が大人になってからの複数の問題をよく予測するということでした。素行障害で臨床現場に紹介された子どもは成人した後に、その他の臨床的問題を抱える青年、または臨床問題のない統制グループと比べて、精神障害の症状、犯罪行為、身体的な機能障害、社会への不適応に著しくさいなまれているという現状が判明しました。

素行障害の早期のサインは、両親、先生、友達の報告からのサインであっても、10年、20年、30年にわたる素行障害の存在を予測することをしめしています。

深刻な反社会的行動をとる子どもが大人になっても反社会的行動をとる確率が50%未満です。継続する素行障害だけでなく広範な診断結果を考えた場合、大人までその症状を引きずる確率はさらに低下します。

ところが、素行障害で臨床紹介された子どもの中では、84%が大人になっても何らかの精神障害の診断を受けることが判明しています。この診断は障害の程度(精神病、神経症など)によっても異なりますが、素行障害の診断を受けた大多数の子どもが大人になっても何らかの重度な障害を抱えていることを意味します。そこでそのような子供の予後は、その後に続く精神障害の事だけを考えても悲惨なものといえます。このような疾患は、その人の別のさまざまな側面にも確実に関連すると考えられます。

ライフスパンという視点

多くの青年にとって素行障害を大人まで持ち越すということは、その青年が重大な長期の障害を背負った一生を送ることを意味します。

素行障害の特性が個人の発達過程で進展していく道筋は、その個人によってもちろん全く異なります。これらの違いを扱う有効な考え方に、異型連続性(heterotypic continuity)があります。これは、素行障害などの特定の行動はその人の発達過程で表面的に変化し続けるがその根底に変わらない性格が常に存在するという考え方です。たとえば、行動の問題を抱える子どもは、多少ともわがままで友達のおもちゃを壊したり、友達の持ち物を奪ったりするかもしれません。小児期のわがままさ、人のものを壊すこと、奪うこと(3,4歳のときに)は、10年後に同じ行動をとることを予測するものではないかもしれませんが、これらの初期の行動は、概念的に関連し同じ一般クラスに属する行動(万引きしたり他人に刃物を向けたりなど)を予測するかもしれません。

すでに述べた問題行動理論は、発達段階で発生する異なるタイプの逸脱行動を統合するような一貫して存在する共通の特性を考える一つの方法です。

実際、いくつかの特性は一緒にあらわれ(飲酒、薬物使用、犯罪行為、性的な関係をもつこと、社会への順応性の欠如など)、その一群の逸脱行動が発達過程に継続してあらわれる(まったく同じ行動でなくても)ことが報告されています。一般的な逸脱行動という観点から、根底にあるパターンを基本に青年を理解しようとすることは意味あることです。パターン全体を把握することは発達過程で継続性を考えるのに有意義です。

子どもを素行障害のリスクにさらす複数の要因があります。家庭や学校で見せるやっかいで手に負えない行動は重要な兆しとして機能します。さらに、遺伝因子、環境因子、親の犯罪歴、素行障害、およびアルコール依存症の発症歴、両親間のいがみ合い。厳しく矛盾したしつけの慣行などの、両親や家族の特性もリスク因子として把握されています。

リスク因子の研究では、その発症時期と臨床コースをたどる道筋に、その個人が小児期から思春期そして成人期へとたどるコースだけでなく、世代にまたがる継承も含め、かなりの安定性と継続性が確認されています。養子縁組の研究と素行障害をもつ子どもの親や祖父母の機能障害の研究も、世代にまたがる継続性の研究を支えています。

素行障害が安定的で継続的であることは、これらの行動を緩和するための治療的介入が重要であることを意味します。



| トップページ | 当院のご案内 | 診療内容のご案内 | 受付時間と地図 | 院内のご紹介

Copyright(c) Kameari Mental Clinic All Rights Reserved.
http://www.ka-mental.jp